2011年1月 1日 (土)

車坂峠ヒルクライム エントリー

車坂峠ヒルクライムに今年もエントリー。

開催日は、2011.5.15(日)だが、今年は既に申込みが始まっているので、本日エントリーした。

この大会は、昨年初めて参加してみて、アットホームで楽しい大会だったので、今年も参加することにした。

これからスキーシーズンが始まるので、暫くはスキーの練習&大会に集中。
スキーシーズンが終わったら自転車の練習に専念したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月29日 (日)

マウンテンサイクリングin乗鞍2010

マウンテンサイクリングin乗鞍に参加した。

Dscf4979一昨年に初めて参加し、昨年は抽選ではずれ不参加、ということで今年は2回目の参加となる。

今日の天気は、快晴!
上々の天気にレースにも気合が入る。

スタート後、序盤はあまり飛ばしすぎないようマイペースで走る。

15kmを過ぎた頃からペースが少し落ち、その後もペースが上がらない。
トレーニング不足だろうか?

終盤もスパートをかける体力がないままゴール。

タイムは1時間35分。

Dscf49981時間30分を目標としていただけに残念・・・

もっとトレーニングが必要だな。。

Dscf5001今年は、あとサイクリングイベントの参加 はあるが、レースの参加予定はないので、来年に向けて少しずつ自分のレベルも上げていき たい。Dscf5009

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月20日 (木)

今年は乗鞍当選!

8月29日(日)開催の「全日本マウンテンサイクリングin乗鞍」の当落結果が発表された。

昨年は落選したが、今年は見事当選!

早速、入金を済ませた。

これで、夏場のトレーニングにも気合が入るかな!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

車坂峠ヒルクライム

2010第6回サイクリング・フェスティバル「車坂峠ヒルクライム」に参加した。

コースは、標高差1,003m、距離12km、平均斜度8.3%。
国内No.2の平均勾配らしい。

このコースは、序盤は斜度が緩めだが、1.5km過ぎからは中間地点あたりの若干斜度が緩い乙女スロープを除き、ほぼ一定のキツめの斜度が続く。

僕は、このコースを走行するのは今回が初めてなので、最初からガンガン飛ばすというよりは、マイペースを維持しながらそれでもできる限りがんばるという走り方となってしまった。

スタート後、ウォームアップが足りないためか、3kmあたりまで調子がでない。
その後、やっといつもの調子が出てきた。

中間点付近の乙女スロープでは、先にスタートしたエンジョイの部の人たちが止まっていて応援。
声援を受け少し元気が出てきて、その後はしばらく軽快に飛ばす。

しかし、9km付近から練習不足のためか、体力の消耗を感じ、ペースが少し落ちてきた。
9~10kmの区間が最もキツかった。

10km以降はゴールまであとわずかということもあり、シッティングとダンシングを繰り返しながら気力でがんばった。

そして、1時間7分台でゴール。

成績は参加者のほぼ真ん中。
今回はトレーニング不足が否めなかった。

閉会式は、ランチパーティや抽選会があり、とても楽しめた。
この大会の参加者数は約500名で、他の大きな大会に比べアットホームな雰囲気がありとても良かったので、来年も是非参加したいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月19日 (金)

ツール・ド・美ヶ原 エントリー

2010年6月27日(日)に開催されるツールド美ヶ原にエントリーした。

今年で5回目の参加となる。

参加カテゴリーは、ロードレーサーの部。

今は、週末はほとんどがスキーのためヒルクライム練習ができない状況。
4月に入ってから練習を始める予定である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月19日 (火)

車坂峠ヒルクライム エントリー

2010.5.9(日)開催の「車坂峠ヒルクライム」にエントリーした。

コースは、標高差1,003m、距離12km、平均斜度8.3%。
斜度はきつい・・・かな。。
参加クラスは、ロードレーサーの部。

この大会への参加は、初めてである。

また、この峠道は今まで自動車でもほとんど通ったことが無いので、新鮮な気持ちで上れると思う。

今から楽しみにしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月27日 (日)

グランフォンド糸魚川2009

Dscf3735_2グランフォンド糸魚川2009に参加してきました。
この大会への参加は、今回で3回目である。

カテゴリーは、“120km”、“80km”と今年新設された“50km+ぶどう狩り”のコースがある。
“50km+ぶどう狩り”のコースにも惹かれたが、走りを存分に楽しむ“120km”コースにエントリーした。

Dscf3749_2 8:00にスタートが開始され、10名ずつ30秒間隔で出発していく・・・
自分は8:15頃スタートした。

Dscf3752 マリンドーム能生を出発し、スタート後の久比岐自転車道は周りの海岸線の景色を楽しみながらウォーミングアップを兼ねてゆっくり走る。

久比岐自転車道を離れ、名立川沿いを遡り右折すると、山岳エリアに入り登坂区間となる。
標高差300m、距離約5kmの上りが続く・・・
まだ体力はあるので難無く上り切り、ピークを過ぎて下ってくると、途中、はぜ掛けしてある田んぼがいくつかあり、昔ながらの風景に感動!
そして第1エイドに到着。

Dscf3769 エイドには、笹寿司、笹団子、いなり寿司、おにぎりなどのお持て成しがありうれしい!
運動して小腹も減っていたので、一通り頂いた。
15分ほど休憩し出発。

Dscf3780次のエイドまでは、峠が2つありきつい区間。
まだ先の道のりは長いので、足を残しながら上る。
2つ目の峠の頂上手前では、いつも出没し参加者を元気付けてくれる(恒例の?)悪魔おじさんの応援を受けた。
頂上を過ぎ下ると、第2エイドに到着。

Dscf3783 第2エイドでは、笹団子、いなり寿司、バナナなどを頂いた。
どれも旨い。
ここでも15分ほど休憩し出発。

第2エイドから第3エイドの間は、標高差のある大きな峠は無いが、丘のような小さな峠がいくつもあり、走行距離も増してきたことから、脚の疲れが溜まってくる。

Dscf3785 途中、昨年開設し大変好評だった臨時のカレー・エイドステーションは、今年も設営していただけたので、ここでカレータイム。
今年もカレーは大盛況!
ここのカレーは超ー旨かった!
感激です。

カレーパワーを充電し再出発。
そして、もう一がんばりして走り、第3エイドに到着。

Dscf3786_2 第3エイドは、次に向かうこのコース最大勾配のある峠のために十分なエネルギー補給!としたいところだが、少し前にカレーを頂いたこともありあまり食べれないので、糖分の多い笹団子とバナナを頂き、それと水分補給をし、最後の峠へ向けて出発。

初めのうちは、勾配の緩い沢沿いを4kmほど緩やかに上り進んでいくと、勾配約15%の激坂が出現!約1.5km続くので、疲労の蓄積と最大筋力で負荷を掛けているので、途中、脚が攣りそうになるが、シッティングとダンシングを交互に使い分け、何とか激坂はクリア。

Dscf3791 しかし、その後も上り坂は続く。
そして、峠頂上手前に設置されていた「給水」の看板が目に入る。
これで上りは終わりだ。

Dscf3792 最後の難関を突破!し、下りに入るが、この峠はまだ最後に少し上りがある。
ここまで来れば、あとはゆっくり上り、このコースの上りの最終ピークへ。
周りの風景をゆっくり眺めながら走り、あとは下るだけ。

下った後は平地のみである。
海岸沿いの工場地帯を走り、第4エイドに到着。

Dscf3794_2 第4エイドは、ほかほかのコロッケがあり、とてもおいしかったー。
そして、コーヒーも頂き、ゴールへ向けてラストラン。

ここからは、国道8号線や海岸沿いのサイクリング道路をまっすぐひた走る。
あいにく、向かい風で風も強い。
脚も疲れてきているし、向かい風のため速度は上がらないが、それでもベストを尽くして走る。

そして、15時頃に朝出発したマリンドーム能生にゴールした。
無事、完走です!

Dscf3802_2 ゴール後、サービスのカニ汁を頂いた。
疲れが癒される。
今日はもう大満足です。

Dscf3808_2 来年も機会があったら、是非このイベントに参加したいです。
主催者&参加者の皆さんお疲れ様でした。
そして、楽しいイベントに参加させていただきありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月13日 (日)

弥彦山ヒルクライム

Dscf3569 弥彦山ヒルクライム大会に参加した。
参加カテゴリーは、“一般男子ロードバイクB”。

7時に受付を済ませ、開会式の終了後8時頃に弥彦山スカイライン観音寺口のスタートエリアへ移動し、競技開始の時間を待つ。

天候は曇りであるが、時折小雨がパラつく。そして、風が強い。

8時50分第1グループのスタート。
僕は第2グループのスタートのため、3分後にスタート。
スタート直前、大粒の雨が急に降り出す。
身体が急激に冷える。
思い出に残るスタートとなった。

このコースを走るのは、初めてなので、コースの傾斜やペース配分などは分からない。

スタートのポジションは、集団のほぼ中間だったが、スタート後のペースが合わず、すぐに道路の右端から集団を抜いていく。

そして、集団がバラけたあと、マイペースで登り始めるが、ウォーミングアップをしていなかったためか、心拍が急上昇し辛くなる。

少しペースが落ちたため、後続に抜かれ始める。
しかし、徐々に心拍が安定し、ペースを取り戻したためスピードアップしていく。

途中、前走者の後輪に自分のバイクの前輪が接触し、少し焦るトラブルがあったが、双方ともバランスを崩すなどのトラブルはなく、ホッとした。

その後は、自分より少し速いペースの人を見つけては付いて行き、ゴールした。

Dscf3580タイムは36分03秒。
初めてのコース走行としては妥当なところか。
来年も是非参加して、タイムアップを目指したい。

下山時は、温泉街をパレード走行して、駐車場の帰路へ。
温泉街では、太鼓の歓迎を受けた。

Dscf3586_2 閉会式の抽選会では、何も当たらなかった。残念・・・

帰りに、弥彦神社に参拝し、笹団子を土産に買って家路に就いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月27日 (木)

弥彦山ヒルクライム エントリー

弥彦山ヒルクライム大会にエントリーした。

開催は、9月13日(日)。
コースは、距離10km、標高差510m。
弥彦山スカイラインを駆け上がる。

参加カテゴリーは、ロードバイククラス。

この大会への参加は始めてである。
このコースを過去に走ったこともなく試走予定もないが、日本海を眼下に観ながら上る景色は、きっと爽快だろう。

当日は、世界の中野浩一氏や、すぴRitsの畑中まいみ選手もスペシャルゲストとして参加するらしい。
楽しみだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 1日 (土)

栄村ヒルクライム

グルッとまるごと栄村のイベントの一つ、ヒルクライムレースに参加した。

Dscf3418参加者は26名と少ない。
コースは、距離約11km、標高差780m。
前半5kmは舗装路で、その後はオフロード区間となる。

ルールは、支給された袋に自分の好きなだけ野菜を入れて、それを背負って走る。
ゴール地点に、はかりが置いてありゴール後に重量を計測し、野菜1kgにつき1分のタイム減算(1kig未満は切捨て)となる。
背負った野菜は、参加賞として全てもらえる。

受付で渡された袋に、栄村でとれた新鮮な野菜を背負えるかな?と思えるだけ詰め込んだ。
野菜は、キュウリ、ズッキーニ、大根、ジャガイモ、そして大きな?夕顔があったが、夕顔は大きくて袋に入れ難いのでパス。その他の野菜は全て適当に入れた。

Dscf3420スタート地点は、国道117号線の分岐地点。
午前11時にスタート。

序盤は、ペースがつかめるまでマイペースで進む。
スキー場の中間までが舗装路であるが、この辺りまでは順調なペース。

その後、オフロード(ダート)区間に入る。
路面は、最近雨が多いため、ぬかるんでいる所も多く、走行ラインに気を使いながら走る。

途中、勾配がきつく、かつぬかるんでいる場所がいくつもあり、それに加えて背負った荷物の重さで、じわりじわりと体力の消耗を早めていった。
背中の荷物が、次第に重さを増していく感じがした。
主催者が開会式で言ってた「途中で野菜を捨てて行かないでください!」の言葉が頭を過ぎる。野菜は捨てられない。。
ダート区間の途中でスタミナが切れてしまい、足を着こうかと何度も心が折れそうになった。
しかし、ここはペースを落としてでも、降りるわけには・・・と思い、何とか最後まで、降りずに完走した。

Dscf3435タイムは、1時間13分。

そして、野菜の重量計測。
5.4kg。
5分のタイム減算となり、
補正タイムは、1時間8分であった。

Dscf3444帰りは、登ってきたルートを逆に下り、今度は素晴らしい景色を観ながら、ゆっくり下りてきた。

このレースは、変則ルールのためお遊び感覚で、とても楽しく、気軽に参加できた。
来年も同じルールのイベントがあるか分からないということであるが、楽しいイベントなら是非参加したい。
参加された皆さんお疲れさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)